【新社会人になる人必見!】東京一人暮らしの物件探しで知っておくべきこと

暮らし

こんにちは!

4月から上京して社会人になる方も多いのではないでしょうか?

この記事では春から上京するために一人暮らしの物件を探している方に向けて、東京の物件探しで知っておくべきことをお伝えします!

社会人1年目が東京で住める家はどのレベル?

社会人1年目で収入も少ない中、物価の高い東京で暮らすとなるとどのくらいの物件に住むことができるのか気になりますよね?

社会人1年目のお給料は平均約20万(大学卒)と言われています。その中で年金や保険料などを天引きされて自由に使える手取りは約19万円ほど

一般的に、家賃にかけるお金は手取り金額の25%~30%と言われていますので、約5万円くらいでしょうか。

入社する会社にもよると思いますので、自分の手取り金額がいくらかということを考慮して、どのレベルの家に住むかを考えましょう!

また、趣味などに多くお金を使うタイプの方で家にこだわりが少ない方は相場より低い家賃の物件を探すとよいと思います。

東京で一人暮らしをする場合の間取りは、1Kかワンルームで考えておいた方が良いでしょう。

1LDKの部屋も魅力的ですが、家賃的に1年目では難しいと思ったほうが良いです。

万円で物件を調べた時、東京では1K、ワンルームなどしか検索に引っかからないのに対し、地方に行くと1LDKや2DKで綺麗な家が出てくることがあります。

東京は物価が高いので同じ金額でも、かなり狭くて条件の悪い部屋になってしまうことを覚悟しましょう…。

また、物件探しでよくある論争、“風呂トイレ別は必要かどうか問題”

こちらの有無で家賃相場がぐっと変わります。

絶対に風呂トイレ別がいい!と思っていてもいざ住んでみるとシャワーで済ませてしまうことがほとんど…という場合が多いので、絶対的に譲れないポイントでもなさそうです。

それより考えた方が良いのがセキュリティです。

特に女性はしっかり考えておいたほうが良いポイントです。

なかなか5万円台だとセキュリティのしっかりした物件がないので、お金の余裕があるのであれば6~8万くらいで探した方が希望条件に合う物件が見つかります。

6~8万あればいい物件に住めそう…と思うかもしれませんが、それでも妥協しなくてはいけない部分もあったりするので、あまり期待しないほうがいいでしょう…。

自分が何に重きを置くかを考えて、妥協するところはして、納得のいく物件探しを探しましょう!

地域の決め方は?

東京都と言っても、場所によって相場がかなり変わります。

例えば、港区の1Kの相場は平均12.85万円ですが、

葛飾区の1Kの相場は7.05万円とかなり開きがありますね。

都会の中心部に行くほど金額が高くなり離れるほど安くなります。

通勤時間が長くても大丈夫なタイプの方はなるべく離れた場所を狙うのが良いでしょう。

検索すると、各駅の家賃相場などがわかります。

職場の最寄駅に通っている路線の駅の家賃相場をひとつずつ確認してみましょう!

また、乗り換えが多いと朝のラッシュ時は大変なのでなるべく1本で行ける路線を選ぶことをおすすめします。

また、通勤定期が支給される場合は、会社の最寄駅と自宅までの間に主要な駅があると休日なども遊びに出かけやすいのでおすすめです!

地域選びのポイント

  • 職場までのアクセスのしやすさ
  • 比較的家賃が安い場所を選ぶ
  • 定期券内に主要な駅があるかどうか

いかがでしたでしょうか?

自分が住みやすい街を見つけて、東京ライフを楽しんでください!

一人暮らしの家具選びはLOWYAが安くてオシャレでおすすめ!



コメント

タイトルとURLをコピーしました