【富士急ハイランド】 FUJIYAMAに乗るべき理由

Trip

富士急ハイランドといえば、言わずと知れた“絶叫”特化型の遊園地ですよね。

この記事では富士急ハイランドの目玉、4台コースターの一つである『FUJIYAMA』についてご紹介します!

FUJIYAMA 概要

FUJIYAMAができたのは遡ること1996年。

スクリューやループなどの回転系が全盛だった頃に、明るく楽しいスリルとコースターの醍醐味をたっぷりと楽しめるように設計されて誕生しました!

誕生以来、王道コースターとして世界最高クラスのレベルを誇る“キングオブコースター”として大人気です!

待ち時間は?

ジェットコースターって待ち時間が非常に長いのが嫌ですよね。

FUJIYAMAは富士急ハイランドの中でも人気コースターのため、比較的待ち時間は長いと思っておいた方が良さそうです。

休日は1時間以上待つことを覚悟しておきましょう!

祝日や大型連休などはさらに待つことになると思うので、水分などをしっかり持って、待ち時間に皆で遊べるゲームなどを考えておくといいですよ!

シングルライダーか絶叫優待券がおすすめ

1時間も並んで待っていられない!って人もいますよね。

そんな人におすすめしたいのが「シングルライダー」です。

シングルライダーとは、つまり「お一人様」ですね。

入場待機列に、シングルライダーの専用レーンがあるのでそちらに並びましょう。

すると、一般待機列の人をどんどん抜かしてあっという間にコースター乗り場まで着いちゃいます!

ただお連れ様とは一緒に乗れません。

例えば、3人で来ているグループは、1席コースターが空いてしまいますよね。

そうすると回転率が悪くなってしまうので、相席でもいいよって方にはお一人様をそこにあてがってくれるわけです。

ですので、全員一緒に乗れるわけではないのですが、シングルライダーは非常に回転率がはやい上に、大型コースターだと同じコースターに乗れることもあります!

ジェットコースターに乗っている最中におしゃべりするわけでもないですし、終わった後に合流して感想を語り合えばいいので、非常に合理的にコースターを制覇することができます!

筆者がシングルライダーの仕組みを使ってFUJIYAMAに乗った時には並んでから5分もかからずにコースターに乗れました!

ちなみにその時の一般待機列は70分ほどです。

とはいえ、デートで来ていたり友達と隣同士で乗りたい…!って方もいますよね。

そんな方にオススメなのが“絶叫優待券”です。

絶叫優待券とは待ち時間を超短縮できる有料のチケットです。

入場券や乗り放題のチケットとは別売りです。

このチケットを購入すれば、シングルライダー同様に一般の待機列を飛ばして乗車できます。

価格は時期や乗り物によって変動しますが、だいたい¥1000~¥1500程度で購入できるので余裕のある方はチケットを購入してアトラクション全制覇を目指しましょう!

FUJIYAMAレビュー

それでは筆者がFUJIYAMAに乗った感想を書いていきます!

まず一言で申し上げると…

「最高!!!!!」

それにつきます。

筆者はこの上なく絶叫大好き人間なのですが、絶叫の原点に帰れる、まさに超王道コースターです。

FUJIYAMAは上半身をがっちり固めてくれる安全バーがなく、シートベルトと膝下にある腰を抑える安全バーしか付いていないんですね。

その心もとない感じもまた恐怖心が煽られて最高です。

そして、上半身を抑えるハーネスタイプの安全バーがないと、手をあげやすいんですね。

両手を広げて風を受けて猛烈なスピードで駆け巡るのは絶叫好きにはたまらない至高の時間です。

FUJIYAMAの所要時間が3分36秒と、かなり長めに設計されていますので、思う存分絶叫を楽しめます。

終わった後は、足がガクガクのふらふらになること間違いなし。

また、絶叫だけではなく“絶景”もコースターのみどころの一つ。

動き出すと79mの高さまでジリジリと登っていくのですが、最高到達点にたどり着くとそこには素晴らしい富士山の景色が広がっています。

雄大な富士山を目にして、さあ、いざ落下!絶叫!

「きゃーーー!」

…と、富士山に比べたらちっぽけなものですよ、人間は。

とにかくFUJIYAMAはアップダウンの緩急が最高に楽しくて絶叫好きにはたまらない乗り物になっております。

筆者が死ぬ前に乗りたいジェットコースター、堂々の第1位です。

FUJIYAMAのキャッチフレーズが「天国に一番近いコースター」だそうですが、そういうことでしょうかね?(多分ちがう)

まとめ

  • 絶叫好きは死ぬまでに絶対に乗りましょう。
  • シングルライダーで待ち時間を短縮して合理的に回るのがおすすめ。

FUJIYAMAに乗ったらぜひ感想聞かせてくださいね!

コメント

  1. […] 本当は【富士急ハイランド】 FUJIYAMAに乗るべき理由で推していたシングルライダーで乗れるのが一番良いのですが、なんとド・ドドンパはシングルライダーを採用していないのです。 […]

タイトルとURLをコピーしました